中古車査定相場

中古車店では昔から嫌われているようですが?

昔、1年で5万8000キロ走ったことがありました。ちょっと金銭的に苦しくなってその車を手放したのですが、過走行とか言って買い叩かれた気がします。でも、整備はちゃんとしていたし、エンジンも絶好調だったので、もっと高く売れたような気がします。

 

過走行車というのは、中古車屋さんや買取店が査定額を引き下げる格好の言い訳ですが、現在は、ほとんど関係ありません。問題は、むしろ走らない方の車にあります。タクシーなどの営業車は、部品を交換しながら、50万キロくらい乗られることを考えれば、一般の自家用車が、走行距離を理由に査定額が引き下げられる現状は、非常におかしなものです。

 

例えば、タイミングベルトを交換済みの10万キロ以上走行した中古車なら、お買い得であることも多く、実際に中古車査定を受けるときには、立派なアピールポイントとなります。そのほかにもサスペンションを変えた車の乗り心地は、新車とまでは行かなくとも、かなりプラスの査定額が出ても良い要因です。

 

実際の出張査定では、これらの要因は、非常に伝わりづらい部分ですので、交換した部品があれば、しっかり伝えるべきだと思います。車検や定期点検を正規のディーラーで行なっていれば、しっかりと整備記録が残っているでしょうから、これを見てもらえれば、かなりプラスの査定をしてもらえるのではないでしょうか?

 

走行距離が少なすぎると高値はつかない!

最近の日本車は、かなり進んでいますので、走行距離が少なすぎると不具合が出やすいこともあります。走行距離が多過ぎるのも走行距離が少なすぎるのも高額の査定には結びつきにくいと言えるのではないでしょうか?

過走行車の中古車査定エントリー一覧